FC2ブログ

第165回競作、選評

 第165回競作『エとセとラ』

----

△<エとセとラ1>(胡乱舎猫支店)
>夏が始まると子供達は専用の

不穏さがわりと好みです。
文章がこなれてないというか、固いでしょうか。
慣れの問題ではあるのでしょうが、題材に合う語り口を
選んでいくのも技術の一つかな、と感じます。


○<エとセとラ3>(空虹桜)
> 血尿が止まらない朝。

かわいそう。
そんな主人公もただの駒でしかないのがなおかわいそう。


×<エとセとラ6>(瀬川潮♭)
> マッチ売りの少女がいます。

謎解きの説明がくどいです。
くどいというか、文章を割きすぎ。
あなたが語りたいのはそこですか?
500文字という小さな枠ですので、
あなたが魅せたいものを演出して欲しいです。


○<エとセとラ8>(磯村咲)
>十二支の起源である。

くだらないほら話は大好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog