FC2ブログ

第162回競作、選評

 第162回競作『魚と眠る』

----

×<魚と眠る2>(つみき)
> 私の部屋には空っぽの水槽がある

文体に硬さがあって、それがちょっともったいないでしょうか。
説明を説明として書きこむのではなく、
比喩表現で圧縮されていたらすごく好みです。

とはいえ、
>私も父も知らなかったのだ。
の繰り返しはとても印象的で、この表現は絶賛しておきます。
惜しい!の意味の逆選。


◎<魚と眠る14>(脳内亭)
> 魚は鳴かない

とても好きです。
設定説明に多くの分量が割かれていますが
全くくどくなく、すっと読み進められ、納得させられます。
ナナという名前の由来提示のタイミングが絶妙で、
ふっと寂しいような、けれど暖かいような気持ちになります。
そして「妻」はどうしたのだろう、という謎をのこして
物語を印象付けられました。
文句なしに正選、と思ったけどおまけで特選。


△<魚と眠る16>(たなかなつみ)
> 目覚めると視界を覆っていたのは

夢だけど夢じゃなくて、という世界が交錯するファンタジックなお話です。
4段が見事だなーと思いました。
次点。


△<魚と眠る17>(磯村咲)
> 私が産んだのはハタハタだった

乳を飲ませないから乳が張るんじゃないかとは思いましたが、
ないない尽くしでリズムが良かったので。
次点。

コメントの投稿

非公開コメント

注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog