500文字小説『☆を預かる』

『☆を預かる』

 恋人から小瓶を預かる。
「これは?」
「☆」
 大事なものだから、と言い残し、翌日から彼女はどこかへ消えてしまった。
 ☆と言われても、扱い方さえわからない。さてどうしたものかな、と☆の入った小瓶を手に取り眺める。何に使うものだろう。彼女は知っているのかな。彼女はどこへ行ったんだろう。僕の隣に戻ってくるのかな。
 そんなことをぐるぐるぐるぐる。結局、洗面台の彼女の化粧水の横に置いておいた。
「ただいまぁ」
 およそ一ヶ月後に帰ってきた彼女はレジ袋を提げていて、キッチンで何かを始める。
「もうすぐできるから先にお風呂入っておいて」
 言われるままに風呂に浸かり、出てくると見事な魚料理が並んでいる。
「君が?」
「三日月魚の捕獲から頑張ったのよ」
 預けたものは? と問われ小瓶の☆を持ってくる。彼女はシャンパングラスにワインを注ぎ、小瓶から☆を一つずつグラスに入れた。
「お誕生日おめでとう」
 すっかり忘れていた。そうだ、僕の誕生日だ。カンパイと口を付けた☆入りワインはしゅわっとはじける。
「これは提案なんだけど」
 食べ進めながら彼女がいう。
「結婚しませんか」
 ☆の欠片はそのままが口に入るとパチパチと刺激的だった。

(氷砂糖499粒)

コメントの投稿

非公開コメント

注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog