500文字小説『無邪気』

『無邪気』

 私たちは普通の人間です。私たちは一般的な感覚を持っています。お酒は飲みません。たばこも吸いません。ごみのポイ捨てなどしません。お酒を飲んでからむ人を軽蔑します。たばこの煙は迷惑です。捨てられたごみは捨てた人が処分するべきです。嘘は許しません。私たちは嘘を吐きません。私たちは潔白です。嘘が必要になるような後ろめたいことを恥じてください。私たちの感覚はごく一般的なものです。私たちは間違っていません。私たちは差別をしません。弱者だってそこにいていいと思っています。ただ弱者は弱者らしく控えめに生きるべきだとも思っています。私たちは互いの協力をもってこの住みよい世界を保っています。事を荒立てる声の大きい人は迷惑です。それの大半は自己責任だと思います。人に頼らず自分で何とかすべきです。私たちは普通の人間です。普通の人間なら普通の人間らしく生きるべきだと考えます。家が貧乏なら稼げる仕事に就けばいいだけです。親とうまくいかないのはうまく関係を築けなかった人のせいです。他人である私たちを巻き込まないでください。私たちは普通の人間です。世の中を変える力など持っていません。世の中を変える必要も感じません。

(氷砂糖500粒)

コメントの投稿

非公開コメント

注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog