第148回競作、選評

 第148回競作『麦茶がない』

----

△<麦茶がない2>(はやみかつとし)
> 麦茶のない世界でわたしは

物悲しくて良かったです。
文章が丁寧に感じられたので、次点。


◎<麦茶がない7>(脳内亭)
>「世界はコーヒーでできている」

物悲しくて良かったです。
「麦茶」なんていうやたらと生活感のあるお題から
こういったファンタジー寄りのお話を書いたことを評価します。
また、ファンタジー寄りで現実感がないと思わせておきながら
現実に踏み込んでくる塩梅が心地良かったです。
お茶の「成分を抽出する」というところが
物語の構成に組み込まれているようで巧いと思います。特選を。


△<麦茶がない12>(雪雪)
>番茶がなければ

物悲しさはなかったけれど、潔さを感じられたので、次点。


×<麦茶がない18>(たなかなつみ)
> 四六時中

主人公が「罰すること」に自覚的なのが良くないと思いました。
逆選。

コメントの投稿

非公開コメント

注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog