FC2ブログ

500文字小説『神の箱庭』

『神の箱庭』

 私は神である。
 言葉を紡ぐと物事は輪郭を持ち、姿を得、それぞれに動き始める。
 言葉を扱う私は、すなわち神である。
 箱庭には多種多様な存在を配置した。喜び、怒り、哀しみ、楽しむその存在を私は慈しむ。全てが私の作品であり、全てが存在自身の自我を持つ。
 私は神である。
 気の向くままに箱庭を破壊する事もまた、造作もないことである。
 しかし。
 しかし作った箱庭と箱庭にいる存在たちには情が湧いている。情、だろう。
 私の作りし存在よ、せめてその儚い生を謳歌せよ。
 私は祈ろう。幸せであれと。

(氷砂糖241粒)

500文字小説『白い花』

『白い花』

 白い花が薬になるのだという。
 だからわたしは探した。一番清潔な白い花を。一番美しい白い花を。
 見つけた花は花言葉が悪く、見つけた花は匂いが強く、見つけた花は毒があった。
 探した。
 探して探して探した。
 やっとのことで白い花を手に入れたと思ったら目は覚め、それは夢だった。
 けれど薬が必要であることは夢ではなく、わたしは白い花を探す。
 見つからない見つからない。
 あの子にあげるための、白い花。
 もはやもう手遅れだけれど、私はあの子に白い花をあげたい。
 白い花はきっとどこかで咲き誇っている。

(氷砂糖246粒)

500文字小説『エとセとラ』

『エとセとラ』

 サウナの一番いい位置に腰掛ける男の背中には彫り物があった。羽衣のみを纏った裸の天女。
「俺はなァ、もう女は抱けねェんだ」
 男は語る。
「あいつだけを愛していたのに、あいつは俺を遺してよォ」
 俺にとってはただ一人の天女様だったんだよォ、と手を膝で握った。
 私は彼に問いかけた。
「叶うなら、何を願いますか?」
 そうだなァと男はつぶやく。
「生まれ変わりってのがあるんなら、もう一度あいつと生きてェな」
 まっさらな俺のうちに出会いたかったんだ。そう虚空に吐き出す彼の命が今夜散るであろうことはここにいる全員が承知していた。
「しみったれててもしょうがねェ、サウナ出たらド派手にいくぞ」

(氷砂糖286粒)

500文字小説『嘘つきの少女』

『嘘つきの少女』

 あるところに嘘しか言わない少女が住んでいました。
 少女は誰からも疎まれ、いつも一人で過ごしていました。
 そんなある日、少女のもとに青年が現れます。
 青年は少女の嘘を裏返して受け取ります。
 少女は一人ではなくなりました。
 青年は少女をたいへん大事に扱ってくれました。
 少女は青年に何度も嫌いと言いました。
 青年はにこにこして好きだよとささやきます。
 長く二人で過ごし、少女はついに勇気を振り絞りました。
 青年に大好きと伝えたのです。
 生まれて初めて言う本当のことでした。
 青年はごめんねと言って少女の前から姿を消しました。

(氷砂糖261粒)

500文字小説『官能小説』

『官能小説』

 やっとの思いで手に入れた。僕にとって貴重な貴重な「官能小説」。
 はるか昔の人類はテキストで性感を得ることが可能だったという。なんともまあ不思議な話だ。当時だって直接性交することが可能だったはずだ。そうでなければ人類も哺乳類の一種、種をつなぐことはできないだろう。
「しかしよくわからないな」
 子を成すなら性交すればいいのだけれど、当時は「避妊具」というものが存在していたらしい。子を成さない性交にどんな意味があるのかは、僕にはまったく理解不能だ。しかもセクサロイドという疑似性交用の機械の記録もある。訓練としてではない自慰もよく行われていたようだし、そのための娯楽用品も多種多様だったようだ。それほどまでに当時の人類にとって性感とは大事な感覚だったことがうかがえる。
「しかしテキスト」
 聴覚や視覚を刺激するならまだわかるような気がしないでもない。本能を刺激する可能性があるからだ。しかしテキスト、つまり文字は、理性がなければ読めないはずだ。理性で読んだとして、果たして生物的な本能を興奮させることができるのだろうか。
「古生物学なんて取るんじゃなかったぁ」
 勉強は嫌いじゃないけど、ちょっとだけ、本音。

(氷砂糖500粒)

500文字小説『ページの隙間に』

『ページの隙間に』

 栞ちゃんは僕が本を読んでいる姿が好きだという。あまり本を読むタイプではない僕は、栞ちゃんに好かれたい一心で読みやすい本を探しに書店へ。
 長編小説は、やはり読んでいて疲れてしまうので除外。
 短編小説は、なにかユーモアを試されている気がするので除外。
 エッセイは、作者と気が合わないと腹が立つので除外。
 マンガは読書だろうか。
 雑誌はやはりちょっと違う気がする。
 技術書はさすがによくわからないし勉強したいわけでもない。
 ふと立ち寄った新書コーナー。並ぶ背表紙を眺めていると気になるタイトルに目が留まる。
「ねえ、これにしたら?」
 栞ちゃんは僕の目が止まったまさにその本を取り、僕に勧めてくる。ああ、そうだ、これにしよう。
 会計を済ませて栞ちゃんと僕の家へ。
「疲れたら飲んでね」
 そういって栞ちゃんはコーヒーを淹れてくれ、僕が本を開くと栞になった。

(氷砂糖372粒)

500文字小説『綿飴の収穫』

『綿飴の収穫』

 収穫された綿飴は、娘さんたちがよって糸にします。糸巻機はからりからりと音を立て、山のようにあった綿飴は、やがてすべてが飴糸になります。
 飴糸は異国に売られます。売られた先で、飴糸はかったんこっとん織られて布になります。甘い香りを漂わせる飴布は光の加減で虹色に光ります。
 飴布は先進国のデザイナーの元に届きました。飴布は大変美しいのですが扱いが難しく、量産品には向きません。その分値段も張ります。けれど、デザイナーはこのパターンを衣服に起こすには飴布でなければならないと主張しました。
 デザイナーは飴布を丁寧に丁寧に扱い、それは素晴らしいドレスになりました。そのドレスはある富豪に嫁ぐ花嫁のためのものでした。
 富豪は大金をデザイナーに渡しました。結婚式は大層豪華なもので、そのドレスにも称賛が集まったと言います。
 そんなことはつゆ知らず、綿飴を糸にする仕事をしている娘さんたちは粗末な食事で命をつないでいました。

(氷砂糖406粒)

500文字小説『夏祭り』

『夏祭り』

 友達には新調したらって言われたけれど、去年と同じ浴衣に袖を通す。
 甘い綿飴。甘酸っぱいりんご飴。しょっぱい焼きそばと、香ばしい焼きもろこし。人混みを掻き分け、何も買わずに雰囲気だけを食べる。
 年に数度しか履かない下駄は、やっぱり今年も痛くて、お稲荷さんへ向かう道に逃げ込む。
 少年がいる。
 手招きする。
 階段を上る。
「ねえ、俺のことはもう忘れて」
 やっと見つけたあなたは、そう言うと狐になって森の中へ消えた。背後で花火が上がる。きっと大輪の見事なものなのだろう。だけど振り返れない。振り返ったら、私はあなたのことを忘れてしまう。
 背後から名前を呼ばれた。
 思わず、振り向いて、しまった。
「ここにいたんだ」
「へえ、花火見るなら穴場だね」
 友達は夏祭りを堪能しているようで、手にはイカ焼きや串焼きを持っていた。そういえば私は何も買ってない。せっかく夏祭りに来たのに。
 甘い綿飴。甘酸っぱいりんご飴。しょっぱい焼きそばと、香ばしい焼きもろこし。お祭りでしか味わえない特別なあれこれを全く手に入れていないことに気付き、ふと、私の知らない私の存在を感じる。それは、不安というより、夏の哀しみ。

(氷砂糖492粒)

500文字小説『コサージュ編み』

『コサージュ編み』

 少しだけ残っていた毛糸でコサージュを編むと、それは友人の間で評判になった。
 私にも私にもと言われたが、お断りした。もう、毛糸はない。何人かは私をケチとなじり、離れていった。だって仕方ないじゃない。毛糸は本当にないのだから。
 押しの強い人がいた。毛糸じゃなくてもいいから、と。
 数日悩んでカップラーメンをしゅるりと編もうとした。ぷつりと途切れて、もったいないので食べた。美味しくなんかない。他に食べるものなどない。
 押しの強い人から連絡が来る。まだ? まだ? まだ? まだ? 繰り返され嫌になってふと気付く。私の影がほつれている。引っ張るとそれは細い紐になった。これなら。
 私は影をほどき、コサージュを編んだ。出来上がったのは二つ。
 出来たよと伝えると街のカフェを指定される。食事代も電車賃もないというと、じゃあ送ってよと返された。コサージュが入るギリギリの大きさの郵便で送った。
 影のコサージュはとても喜ばれ、別の人からまだできるんじゃないの、と批判を浴びた。また迫る、私にも私にも。
 もう、本当に、ないのだ。お腹が空いて考えもまとまらなかったが、左手の小指から赤い糸が出ていることに気付いた。

(氷砂糖498粒)

500文字小説『やさしさを抱きしめたら』

『やさしさを抱きしめたら』

 やさしさは緑色の大きなゴムまりのような姿をしていた。とにかく大きい。立ち上がった私ほどの高さがある。こんな大きなものがどうやって部屋に入り込んだのかは全くわからないが、やさしさはそこにいた。
 ぽよんぽよんと弾む。私に触れようとし、無意識に私は避けた。少しさびしそうにやさしさは弾み、一旦距離を取ってまたぽよんぽよんと近付く。大きな球体ではあるけれど不思議に恐怖は感じない。やさしさなんだな、と納得する。近付かれ、避け、離れ近付かれ、繰り返すうちに触れるか触れないかのところにやさしさは定位置を決めたようだった。
 しばらく時間が経って、私からやさしさに近付いた。相変わらずぽよんぽよん揺れている。そっと触れる。ひんやりとした手触りは夏の夜にはちょうどいいようにも思えた。
 私はやさしさを抱きしめた。やさしさは逃げなかった。こういうときに逃げたほうがいいということも知らないのかもしれない。ぎゅうっと力の限りやさしさを抱いた。やさしさはくびれ、さらに力を込めると音を立てて弾けた。中には透明な液体が入っていたようだ。
 床を拭くために取ったバスタオルで、まずは目から流れていた液体を拭った。

(氷砂糖493粒)
注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog