FC2ブログ

500文字小説『融けない魔法』

『融けない魔法』

「懐かしい……」
 氷の妖精は空から降る雪を見て、思わずつぶやきました。
 魔女の魔法によって氷の妖精は一年間だけ、融けない体を手に入れていました。暖かくとも融けませんので冬が終わっても妖精の世界へは行かず、移る季節をその体で感じた一年でした。
 春はうきうきしました。色とりどりの花が咲き乱れているのです。
 夏は疲れ果てました。じりじりと焦がす太陽は人にとってもつらいものです。
 秋は寂しく思いました。生き生きしていた物事が次第に速度を緩めていくのです。
 そして、冬。
 巡ってきた氷の妖精の季節です。
「あら、久しぶりだね」
「他の季節はどうだった?」
「また一緒に遊ぼうよ」
 雪と共に舞い降りてきた仲間たちが口々に氷の妖精へ話しかけます。
「それでいいのかい?」
 魔女もいました。
「望むならもう一年、融けない体をあげましょう」
 悪い魔女ではありません。差し出された手を掴めばまた一年を眺めることができます。
「少し、考えさせてください」
 氷の妖精はためらいがちに言いました。
「今は仲間と冬を楽しみたいのです」
 氷の妖精がそう言うと魔女は、春までにね、と言い残して跡形もなく消えてしまいました。

(氷砂糖490粒)
スポンサーサイト



500文字小説『魔法で開ける』

『魔法で開ける』

 寝室の鍵を開けるには魔法が必要です。鍵を開ける魔法の呪文は一つではありませんでした。かつては。今はただ一つの呪文でしか開かないのです。他の呪文は効力を失ってしまいました。移ろう季節に風化してしまったのかもしれません。わたしは寝室で寝たいのです。だから呪文を唱えます。柔らかなお布団に包まれることを思いながら、呪文を唱えます。近頃はこの呪文でも鍵が開かないことがあります。

(氷砂糖186粒)

500文字小説『憧れ』

『憧れ』

 メトロノームはカッチンカッチンと音を刻んだ。
 あなたの求めるペースで歩みますよ、と。

 秒針はチクチクと音を刻む。
 あなたをこのペースで歩ませますよ、と。

 わたしはメトロノームに憧れる。
 優しく寄り添ってくれるあなたに。

 わたしは秒針に憧れる。
 強く奮い立たせてくれるあなたに。

 メトロノームと秒針は私を取り合って大喧嘩。
 ……だったらいいな。
 カッチンカッチン。
 チクチク。
 私の気も知らず二人は音を刻み続ける。

 ピアノに向かい、メトロノームをセットする。
 練習に使ってよい時間は六〇分。

(氷砂糖245粒)

500文字小説『たとえ溶けようとも』

『たとえ溶けようとも』

 お嬢さんは本を読むことが好きでした。
 絵本を読んでは物語に胸をときめかせ、旅行記を読んではその地に想いを馳せ、図鑑を読んでは知らない物事にわくわくしました。
 お嬢さんが読んでいない本はこの家にありません。しかしお嬢さんが読んでいない本は世の中にたくさんあります。お嬢さんは世界のほんのわずかな一部しか体験していません。
 お嬢さんはおうちから出ることがかないません。
 保護者からの緩やかな拘束でした。けれどお嬢さんはそれに不満を漏らすことはありませんでした。保護者はときどき新しい本をお嬢さんに渡しました。笑顔で。お嬢さんはその本を喜んで受け取りました。笑顔で。
 誰も悲しむ必要などありません。お嬢さんは不幸ではありませんし、むしろ幸せを感じていました。
 ぺらり。
 音を立ててページがめくられます。絵本ではなく小説でした。
 お嬢さんは夢中でその本を読みました。お嬢さんの意識はおうちで本を読んでいる体からふわり浮き上がり、遥か遥か高いところへ浮かび上がります。
 空気の薄いところでお嬢さんは「この物語世界に溶けてしまいたい」と思いました。それは一時の夢ですが、本心からの願いに間違いありませんでした。

(氷砂糖500粒)

500文字小説『神の箱庭』

『神の箱庭』

 私は神である。
 言葉を紡ぐと物事は輪郭を持ち、姿を得、それぞれに動き始める。
 言葉を扱う私は、すなわち神である。
 箱庭には多種多様な存在を配置した。喜び、怒り、哀しみ、楽しむその存在を私は慈しむ。全てが私の作品であり、全てが存在自身の自我を持つ。
 私は神である。
 気の向くままに箱庭を破壊する事もまた、造作もないことである。
 しかし。
 しかし作った箱庭と箱庭にいる存在たちには情が湧いている。情、だろう。
 私の作りし存在よ、せめてその儚い生を謳歌せよ。
 私は祈ろう。幸せであれと。

(氷砂糖241粒)
注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog