超短篇競作『魚と眠る』

『魚と眠る』

 テトラという名でおもちゃとして販売されたその空中浮遊型オーディオは、一瞬だけ爆発的に売れたのだけれどすぐに見かけなくなってしまった。細長くて小さな銀色は熱帯魚のように見えないこともなく、おそらく商品名の由来だった。
 彼女はベッドに入る前に必ずテトラを浮かせた。だから彼女との行為の記憶には音楽が伴なっている。決まった曲をかけるわけではなかったけれど、せつない旋律を好んでいたのかな、という気はする。
 初めての夜、彼女が僕を待たせてテトラを浮かせるのがひどくもどかしかった。待たされるのも不満だったし、小さめの音ではあったけれど余計な刺激が耳に入ってくるのも気に入らなかった。彼女の体は細いのに柔らかくて、濡れていて、締め付けた。力尽きてそのまま眠ってしまい、目が覚めると彼女はいなかった。テトラも。
 幾度夜を重ねても一緒に朝を迎えることはないままの日々。ある夜、テトラが浮かなかった。電池切れかな、と彼女は困ったように笑い、僕は構わないのでいつものように狂おしく彼女を抱いた。音楽が流れていないこと以外は何も変わらなかったけれど、それが、彼女と過ごした最後の夜だった。

(氷砂糖485粒)

続きを読む

500文字小説『英才教育』

『英才教育』

 才ある子には素晴らしい教育を与えましょう。
 悪い話は一切遮断して、恐ろしいことには触れさせず、汚いものからは離れさせ、清く正しく育ちますように。
 良い話はよく言い聞かせ、楽しいことをさせてあげ、美しいものだけ見せ、清く正しく育ちますように。
 完璧に掃除された真っ白なお部屋で、才ある子はすくすくと健全に育ちます。心も体も、清く正しく育ちます。胸には眩しいほどの希望を抱いて、才ある子は育ちます。
 さあ、準備が整いました。
 魔物の皆さん、大変お待たせいたしました。欲望溢れるお食事の時間です。
 清く正しく育った才ある子、悲鳴を響かせながら真っ黒に染め上げられてゆきます。ああなんと甘美な光景でしょう。私の大事な才ある子、全てはあなたのために、あなたを思って最初から仕組まれていたことなのですよ。

(氷砂糖347粒)

500文字小説『人形遊び』

『人形遊び』

 丁寧に丁寧に人形を作った。
 出来上がった人形はとても可愛らしくて、私はこの子が愛おしい。
「可哀想だね」
 そう声をかけて撫でる。
「可愛いのに可哀想に」
 一日の大半を人形と過ごしている。

 人形愛好家の交流会で他の人形とも出会う。
 やはりどう考えても私のこの子が一番可愛らしくて一番愛おしい。
 帰宅してまた人形を撫でる。
「可哀想に、本当に可哀想に」
 人形は何も話さず、少しも動かず、私に撫でられている。
 神様が私にそうしてくれたように、私は人形に声をかけながら愛で続ける。

(氷砂糖234粒)

500文字小説『おしゃべりな花嫁』

『おしゃべりな花嫁』

 その日、彼女が目覚めて式が終わるまでに発した言葉は「誓います」という静かな一言のみだった。

(氷砂糖46粒)

500文字小説『見えてくるもの』

『見えてくるもの』

 キャンバスに文字を殴り書く。
「愛」「好き」「嫌い」「恋」「寂しい」「悲しみ」「妬み」「羨み」「軽蔑」
 小説や歌のフレーズも重ねて書く。
 木炭で書かれる文字は汚く、読みづらい。白いキャンバスは隙間なく黒くなってゆく。部屋は無音、木炭の擦れる音だけが響く。
 まだ書く。思いつくまま。ただ頭に浮かぶことを筆記してゆく。
 頭の興奮が頂点に達して一瞬目の前がホワイトアウトした。これが目的。次の段階に移る。
 絵の具を油で溶く。キャンバス全体に均等に塗る。下塗りという手順だ。
 キャンバスと向かい合う。
 出来の良い悪いはどうなるかわからないが、魂の入った絵が描けることを確信する。

(氷砂糖285粒)
注目情報
競走馬ロックキャンディ号の応援サイトではございませんのでご注意ください。
ブログ内検索
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

こおり

Author:こおり
モノカキ時は「氷砂糖」の筆名使用。
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。
鉄の街出身、晩秋生まれの嘘詠い。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

KDP始めたよ!
RSSリンクの表示
リンク
Booklog